レクサスCPOのメリットとデメリットを徹底解説!

 

CPOでは新車登録から8年以上経過した車両は販売されない!

 

CPOの基準としてどんなに整備された程度の良いレクサスでも、

 

8年以上経過したレクサスはCPOとして認定されません。

 

 

これは一見メリットのように感じられますが私はそうは思いません。

 

レクサスは新車登録より8年以上経過した車両でも、
もともとの耐久性が高いため良質な状態を保った車両が多く、

 

そんな車両をみすみす逃し、
あえて割高なCPO車両を購入するデメリットの方が大きいからです。

 

 

CPO品質基準整備の価値は妥当?

 

CPOでは納車前に12品目の部品交換と、
90項目以上の点検・整備を独自の基準に基づき実施しています。

 

 

ここで注目すべきは12品目は部品交換、
90項目はあくまで点検整備なので問題無ければそのままという事です。

 

 

レクサスの中古車の相場を見るとCPOの車両は、
通常のレクサス相場より100万円以上高いです。

 

 

割高でもその分の価値があれば良いのですが、
12品目の部品交換にその価値はあるのでしょうか?

 

 

【12品目】

 

・タイヤ(含むスペアタイヤ))
・Vベルト(パワーステアリングベルト,ファンベルト,エアコンベルト)
・ブレーキ・フルード(ブレーキ,オイル)
・タイミングベルト
・バッテリー
・ブレーキパッド
・エンジンオイル
・点火プラグ
・エンジンオイルフィルター
・エアクリーナエレメント
・ワイパーブレードゴム
・ナビ地図ソフト

 

 

ざっと計算しても????円程の金額にしかなりません。
(※料金は調査中)

 

もちろんこの12品目以外も車両によっては追加整備はすると思うのですが、
中古車の場合は同条件の車両でも一台一台個体差があるため、
追加整備が必要かそうでないかの判断は、

 

一般ユーザーには非常に難しいでしょう。

 

 

CPO車両には2年保証が付いてくるが・・・

 

レクサスCPO車両には、
標準で2年間走行距離無制限の保証と追加料金で1年の延長保証の加入が可能です。

 

故障が少ないレクサスですが、
それでも機械である以上はいつかは必ず故障や消耗品の交換時期が来ます。

 

問題なのはそれがいつ起こるかです。

 

 

1年後、2年後の故障は予測が出来ません。

 

どこも壊れず保証が無駄になる可能性もありますが、
私は『保証料とは安心を買う料金』だと思います。
ですのでCPOの保証は確かに魅力的ではあります。

 

 

しかし今は通常のレクサス中古車でも同じような保証を受けれる方法があります。

 

それはカーセンサー保証・GOO保証の取り扱い店の中古車店で購入する方法です。

 

 

なんとこれらの保証は新車登録13年未満、
走行距離13万km以下の車両であれば最長3年間の保証に加入が可能です。

 

しかも故障修理は全国のレクサスディーラーで無料修理が可能です!

 

※カーセンサー保証、GOO保証取扱店の検索はこちらから※

 

 

CPO車両は新車購入と同等のおもてなし。

 

CPOのレクサスも購入した方には『レクサスオーナーズカード』が手渡されます。

 

これは新車のレクサスを購入した方と同じ待遇を受ける事が出来るという証です。

 

 

主なメリットは、

 

定期点検が無料

定期点検の内容は一般的な点検整備はもちろん、
エンジンオイル交換・ワイパーゴム交換・タイヤローテーションなどは無料で行ってもらえるが、

 

これは一般的な中古車販売店でも、
同じようなサービスを行っている店舗もあるのでさほど魅力は感じない。

 

 

オーナーズラウンジでVIP待遇

点検などの待ち時間は一般の中古レクサスを購入の方とは違うオーナーズラウンジと言うVIPルームに通される。

 

ここでは季節ごとにお菓子やケーキ・ドリンクが、
無料で提供されるため優越感は味わえるでしょう。

 

 

G-Linkでのサービスを受けれる

G-Linkに加入しているとレクサスオーナーズデスクとリンクされ、

 

ナビゲーションの目的地設定やホテル・レストランの紹介や予約、
国内航空券の予約など様々なサポートを行ってくれます。

 

 

また新車より5年以上経過した一般の中古レクサスの場合は、
G-Linkに加入ができない。

 

代わりに
『G-Link Lite』と言われるサービスに加入できる。

 

 

ですが、こちらは名前こそ似ていますが、

 

運営は別会社が行っているため、
レクサスオーナーズデスクのような手厚いサポートは受ける事ができない。

 

 

これらサービスは新車もしくはCPO車両購入者しか味わえないため、
ここに金額以上の魅力を感じる事が出来ればCPO車両を購入するメリットはあると思いますが、

 

 

正直、私はその価値は無いと思います。

 

 

CPO以外の中古レクサスのベストな購入方法は?

 

値段重視で購入するのであれば、

 

非公開車両を公開してくれる車販売サービス

 

 

で購入するのが正解です!

 

 

故障が心配であればカーセンサー保証やGOO保証に加入する選択も良いし、
走行距離13万km以上で保証対象外のレクサスであっても、

 

初めから修理費で今後50万円かかると言う気持ちで、
安いレクサスを購入する方がCPOよりよっぽどリースナブルです。

 

もちろんレクサスは故障のリスクがもともと少ないので、
絶対ではないが壊れない可能性も十分あります!

 

 

まず最近の車は10万kmそこそこじゃ壊れません!!^ ^

 

 

特にレクサス・トヨタ何かは基本のメンテナンスをちゃんと行っていれば

 

15万km・20万kmでも問題なく乗れます。

 

 

なので走行距離を多く走っている車輌で純正OP装備付きも狙い目なのです。

 

 

あと安く買える中古車は、売る時も当然安くなってしまいますが、

 

走行が少ない高値の中古車を売却した時との値幅率の差が尋常ではありません!

 

 

仮に走行距離が少なくかなり程度のいい、
21年式のLS600h 黒・サンンルーフ・黒皮

 

こちらを350万円で購入し2年後に売却した場合、

 

買取価格は150万円で-200万円です。

 

 

そして過走行だが純正OP装備付でメンテも行っていそうなまだまだ綺麗なLS、

 

こちらを150万円で購入し2年後に売却した場合は、

 

買取価格は50万円で-100万円です。

 

 

このように走行距離が多い車輌は値幅が少なくて損する金額も少なくて済みます!

 

逆に購入金額が高ければ高いほど値幅が大きくなりかなり損をします。

 

 

車は年々価値の落ちていく物なので当たり前なのですが、

 

私は走行距離が多い車(レクサス)の方を断然オススメします♪

 

 

車の事は全然わからないので高くても全てレクサスに任せたいという方以外は、

 

CPO以外の中古レクサスの方がベストな購入方法と言えるでしょう。

 

 

 

過走行で状態のいいレクサスね!

 

 

でも、車屋を何店舗も周れない!

 

そもそも車屋に行く時間がない!

 

 

 

このようなあなたがご希望に合った中古車を探すなら、

 

ほしい車の条件を可能な範囲で登録して待つだけの、

 

非公開車両が見れる車販売サービス!

 

 

これだけで車探しのプロから、おすすめの車を提案してもらえます♪

 

もちろん無料のサービスです!!^ ^

 

 

 

 

 

 

関連ページ

中古のIS250とIS350買うならどっちを選ぶ!?
レクサスISには2500ccのエンジンを積んだIS250と3500ccのエンジンを積んだIS350と大きく2つのグレードが存在します。もちろんここからさらに各バージョン(バージョンL,バージョンSなど)の設定がありますが、中古ISの購入を考えた時、まずはIS250とIS350どちらにするかが大きな基準ですよね・・・。