そうそう壊れない!が「壊れる前に」売ろう!

10万km以上のレクサスは壊れる前に売ろう!

 

 

中古車の場合売るタイミングで査定金額が大きく変わります!

 

しかし逆に言うと査定に大きく影響するポイントを、
事前に把握しておけば損をしないベストタイミングで売却が可能なのです!

 

 

ではどのようにしてベストタイミングを判断するのか?

 

 

大丈夫です!

 

車はしっかり訴えています!!

 

 

レクサス売却のタイミングとなる2つのポイントをまとめてみましたので参考にしてください。

 

 

走行距離と査定金額の関係性。

 

10万kmで車はダメになる。

 

と思い込んでいる方は多いのではないでしょうか?

 

 

確かに走行距離に応じて消耗品の交換は必要になりますが、
もう直せないような故障はそうそうありませんよ。

 

 

実際私は10万km以上のレクサスはもちろん、
20万km以上の車も多く見てきましたが、

 

主要なエンジンやミッションなどが壊れたなんて殆どありませんでした。

 

 

今の時代軽自動車ですら10万km以上普通に走るのです。

 

 

そんな中レクサスが10万kmで壊れると思いますか??

 

 

10万km以上走っているレクサスでも諦めてはいけません!

 

中古車買取業者は10万km以上走ったレクサスでも、
まだまだ十分走れる(商品価値がある)事を知っています。

 

 

まずは「10万km以上走っているから高値はつかない?」

 

っという思い込みを捨ててから査定依頼をかけましょう。

 

 

これが最初の売るタイミング(時期)です!

 

 

壊れる前に売る!

 

そして次に重要な事なのですが、

 

確かにレクサスは故障のリスクが少なく高額査定がつきやすいのですが、
故障した状態ではもちろん高級車だけに査定金額に大きく影響が出ます。

 

 

そもそも中古車の一般的な流通は、

 

 

ユーザーから買取業者が買取

 

       

 

オークションで中古車販売店が購入

 

       

 

新しいユーザーへ販売

 

 

となっているため、

 

新しいユーザーへ渡る前には必ず故障した部分は直す事になりますよね?

 

 

そう結局買取業者も壊れた状態では高くオークションで売れないので、
査定時に故障していては当然相応のマイナス査定を出してきます。

 

これを回避するには壊れる前に売る事が重要!

 

 

そうこれが2つ目の売るタイミング(時期)です!

 

 

 

下記にレクサスで特に故障が多い個所と、
実際にその症状が出た走行距離をまとめましたので、

 

自分の走行距離と照らし合わせ、売却タイミングの一つの目安にしてください。

 

 

中古レクサス・Q&A(故障箇所・走行距離・修理代)

 

 

関連ページ

中古車業界人がこっそり教える、損をしない賢いレクサス売却術!
「返金されるお金は貰い!無駄な費用はかけない!」ここでは実例をもとに賢い査定方法と絶対にやってはいけない売却方法をご紹介します。レクサスを売る予定の方は是非参考にしてくださいね。
レクサス売却時にカスタムパーツは高評価になる?
長年乗り継いだ愛車レクサスであればアルミホイールを交換したり、エアロを取り付けて自分好みのカスタム(ドレスアップ)をしている方も多いでしょう。しかしいざ車を売却する事になった場合、そのカスタムパーツを取り付けたままにするか、外して売却した方が良いのか・・・。